29歳コンサル女子の2017年はてぶランキング

肉級です。

今年も皆さま色々とお世話になりましたわよ。

このブログを始めたのが2016年9月でした。

約1年ちょっと。

 

私がこの1年ちょっとで書いたブログの概要を調べてみました。

 

記事数:24

総はてぶ数:2997

総スター数:2500

 

でしたわよ。

 

今日はこれまで書いた記事でハテブがどのくらいついたのか、回想を含めランキングにしてみようと思います。

 

まずはこちら

mecchanikukyu.hatenablog.com

評価経済学で話題になったVALU。賛否両論があり、私はもちろん反対派でしたわよ。

この記事では、プロブロガーやインフルエンサー優待制度について異論を唱えました。

とくにプロブロガーあんちゃ氏の優待制度はどうなの?と思い、ここからあんちゃ氏というプロブロガーがやばいということに気づいたきっかけでもありましたわよ。

 

はてぶ数は112でした。

 

 

次は、

 

mecchanikukyu.hatenablog.com

プロブロガーやインフルエンサーを分類してみた記事。

はあちゅうやイケダハヤト、あんちゃ、タクスズキみたいな非人道的な儲け方をする人や炎上プロブロガーを「負の連鎖クルセイダーズ」という分類にしましたわよ。

 

「弱きを挫き!強きを助ける!」こんな精神の人達。

 

ここ最近もはあちゅう氏がセクハラ問題のはずなのに童貞発言問題になり自分をも燃やしてしまった。さらに色々な方を巻き込んで大炎上しましたわね。

まさに「負の連鎖」。

自分でつけたものだけど、なかなか気に入った分類名ですわよ。

f:id:mecchanikukyu:20170726073612j:plain

 

はてぶ数は122でしたわよ。

 

 

次はこちら第5位

 

mecchanikukyu.hatenablog.com

離婚ブロガーももねさんの記事。

離婚はいい離婚でした!そして新しい恋をします!というモモネスタイルの記事。

そもそも離婚記事を出すことも「はぁ?」という感じなんですが、色々な読者が「ん?何かおかしい?」と思い、ブログからツイッターから過去を洗いざらいにされた結果、嘘ついてるじゃんというお話し。

離婚した元旦那まで出て着たりと凄いことになっていましたわよ。

そしてさらにウソにさらに嘘をつくので時系列もおかしくなっているのをこの記事で指摘しましたわよ。

旦那をヒモ扱いしたり、子供を大事にしない、再婚相手との出会いまで嘘をつくという

私の中では、女性として極悪非道レベルの方なのかなと感じていますわよ。

 

topisyu.hatenablog.com

はてぶ数は149でしたわよ

 

次はこちら第4位

 

mecchanikukyu.hatenablog.com

 

匿名、実名どちらが信頼できるのか問題ですわね。

プロブロガーが実名じゃないと信頼できない!というのに対する反論記事ですわよ。

匿名と実名で信頼なんて大した変わらないのにプロブロガーって本当に「・・・・」って思わせてくれたものでしたわよ。

 

はてぶ数は293

 

 

ここからランキングベスト3!

 

3位

 

mecchanikukyu.hatenablog.com

話題のVALUが、インフルエンサーのためだけのサービスということで問題提起をしたものですわよ。

結局あれから半年経過しましたが、

イケダハヤトや炎上プロブロガー、はあちゅう、ラインの田端氏などは全く話題にもしなくなりましたわよね。田端氏についてはvalu購入したのにもかかわらず、フェイスブックのコミュニティにも加入させてもらえなかったというリーク情報もいただきましたわよ。

 

株主からビットコインだけむしり取り、優待制度も活動報告もしないようになっております。しかも株を売れないという塩漬け状態。

 

とある株主からは私宛にメッセージがきました。

 

 VALU放置した上で→TimeBank移動は一切擁護はできず買い手への敵対行為かと VALUについては、現在は非公式フォーラムでも 課題をあげています。

 

VALU酷い。

私たち一般人はお金をむしり取られたといってもいいのではないでしょうか。

 

 

はてぶ数は369

 

2位

 

mecchanikukyu.hatenablog.com

炎上ブロガーイケダハヤトの儲け方について言及した記事。

塩漬けサービス「valu」を自分の利益のためにすすめるやり方に異を唱えました。

信者ビジネスの危険さも言及しています。

 

 

1位 

mecchanikukyu.hatenablog.com

ブログを書くきっかけになった記事。パクリが酷いとクライアントに言われクラウドワークスに潜入してやってみた結果を報告した記事ですわよ。

ブログ開設2記事目で1000以上のはてぶがついて私もびっくりしていました。

 

この記事がでる前からキュレーションメディアのパクリ具合が酷いというのは水面下で話には出ていましたが、

この記事を機に色々なメディアで反論記事が沢山出てきてDenaパレットが閉鎖になったと思っていますわよ。

 

はてぶ数は1093

 

 

 

2017年総括

 

今年私が言及したのは

・キュレーションメディア

・プロブロガー

インフルエンサー

でしたわよ。

 

1年ちょっとブログを書いて思ったことは

覚悟して異を唱えることは、話題になるということだったわよ。

 

人道的じゃない・私の正義に反すると思ったことは、どんどん訴えるのがいいのかなと思います。

 

そして「強きを助け、弱きをくじく」精神を持ったインフルエンサーたちに異を唱えれるのは「はてな民」なのね。

 

はてな民はスターウォーズでいうならジェダイなのでしょう。

 

利己主義なインフルエンサーから人々を救うのは、はてなの民なのかもしれませんわね。

 

f:id:mecchanikukyu:20171231143758p:plain

 

はてなの皆さまそしてこの記事を読んでくださる皆さま本当にありがとうございました。24記事中7つも100超えができたのもはてなジェダイの皆さまが何より読んでくださったからこそですわよ。

 

2018年も、はてなと共にあらんことを!

 

最後に今年一番RTされたツイートを貼っておきますわよ。

 

 

ご査収ください。

 

はあちゅうさんの童貞叩きを逆バージョンで変換してみたわよ

はあちゅうさん電通の件本当にGJですわね。

これからもどんどん叩いて膿を出してほしいわよ。

これで解決してほしかったわよ。

 

ただ…

そして今回のはあちゅうさんの童貞への発言、これはちょっといただけないのじゃないかしら。

 

童貞を馬鹿にする発言の養護派の人の意見を見てみたら、

 

 

人種は本人の努力では変えられないが、脱童貞は本人の努力で可能な面が大きい。こんな記事書いても、君の人生に何も良いことは起きない。

 

 

努力で変えれるものはセクハラじゃないとでもいいたいのかしら…。

はあちゅうさんの動画の内容が下記ね。

 

・「友達童貞」について
・童貞はぶり返す
・心の中に童貞を飼っている女の子と飼っていない女の子がいる
・童貞は不治の病
・「童貞」ウイルスで凶暴になる人と優しくなる人がいる
・ベスト童貞賞が必要

はあちゅう「童貞をバカにしてる」に反論"オトナ童貞"徹底論争

 

上記女性バージョンに変換してみたらこうなったわよ。

 

・処女はぶり返す

・心の中に処女を飼っている男の子と飼っていない男の子がいる

・処女は不治の病

・「処女」ウイルスで凶暴になる人と優しくなる人がいる

・ベスト処女賞が必要

 

ご査収ください。

 

※余談

はあちゅうさんに心を傷つけられた童貞おっさんアンケートを実施してますわよ

 

 

KADOKAWAから情報商材販促ブロガーが書籍を出したので問い合わせてみたわよ

肉級です。

 

プロブロガーあんちゃ氏(https://twitter.com/annin_book)が書籍を出すという話を聞きました。

そして14日に販売されたよう。おめでとうございます!といいたいのだけど…今回は言えないの。その理由が今日の記事の核心ですわよ。

 

出版元はKADOKAWAです。

 

書籍のタイトルは

アソビくるう人生をきみに。

 

f:id:mecchanikukyu:20171215043705j:plain

 

遊び狂う方法などを書いた本なのかしら・・・・。

 

そんな本を出したあんちゃ氏。

 

このあんちゃ氏は過去色々意図的に炎上を起こしていますわよ。

今回私が気になったのは、

 

情報商材を販促する人が書籍を出すという事

 

この方のツイートを見てくださるかしら

f:id:mecchanikukyu:20171215044411p:plain

引用元:アフィリエイトをする者の覚悟と責任

 

⚠️無料配布が明後日まで!
私が独立初期の頃から手元に置いているこの本、ずっと無料キャンペーンやってたんですが12月6日いっぱいで終了するそうです…内容むずいけど読むほど味がでるからぜひ読んでほしい!

 

 

書籍発売の10日前にこのようなツイートをして自分のブログへ誘導をしていますわよ。

www.mazimazi-party.com

このあんちゃ氏が紹介している「この無料で書籍を提供します!」は、

高額な情報商材をメールでバンバン送り付けるいわゆる「情報商材のリスト取り」と言われているの。昔から有名な無料本ですわよ。

 

 

インターネットマニフェストという書籍なんですが下記ブログ達を引用させていただくと、

 

注文してから毎日1~2通ほどのメールが届きます。

内容はどれも情報商材の勧誘。

しかも、リッチ・シェフレン氏に関してのものを中心に、それ以外の宣伝メールも飛んでくる。

 内容が良いにせよ悪いにせよ、この手の情報商材によくあるめっちゃ縦長の商品ページ。

怪しさ満点の「インターネット・ビジネス・マニフェスト」買ってみた

 

 無料書籍と謳っているのにも関わらず

 

ビジネスグロースシステム 199,800円(税抜)
は、約20万円って書いてあるし。

それに、月4700円の課金のものもあるし。

今回の注文、550円の送料負担だけの
無料じゃなかったの?

引用:無料の『インターネット ビジネス マニフェスト』を注文すると何が起こるのか?<体験談> | ダイレクト出版の秘密

 

 このような勧誘があります。

 

そして

 

引用:無料の『インターネット ビジネス マニフェスト』を注文すると何が起こるのか?<体験談> | ダイレクト出版の秘密

 

あなたがいなくても利益が上がる。失敗しようのないビジネスモデル

だそう。

また「このページは一回しか表示されません!」など

情報商材ならではの煽り文句がありますわよ。

 

簡単にまとめると

 

無料書籍の発売が●日まで!と無料を煽る

無料でもらうにはメールアドレスを登録してね

1~2日後に商材メールがバンバン飛んでくる

メアド登録・商材成約であんちゃ氏に収益が入り嬉しみ
よくわからないメールがくるようになった私たちは悲しみ

 

 

このような感じかしら。

こんな情報商材はネットリテラシーが高い方ならそもそもやらないし、

「あなたがいなくても利益が上がる。失敗しようのないビジネスモデル」

こんなビジネスがまかり通る世界なら・・・みんなすでに大富豪よねw

そして登録した瞬間にバンバンメールが飛んでくる。

 

 

実際に、この無料のあとに追加で関連商品を売ることは、「アップセル手法」といわれていてビジネス的にはありなのよ。フリーミアムという言葉があるぐらいだし。

 

ただ問題なのが高額商材を後で売りつけてくる、ネットリテラシーが低い人はわけもわからず購入してしまう可能性があるってことなの。

 

またそれ以外にも

 

 

f:id:mecchanikukyu:20171215051700j:plain

 

12月6日で終了するそうと煽る。これも前から有名なんだけど実際には終了しないのよね。12月6日以降も普通に無料でリスト取りやってます。

このあんちゃ氏は終了しないと知っているのにも関わらず、終了する!と嘘をつく。

 

コンサルタントの服部さん(服部慎也(Shinya Hattori) (@FACTDEAL) | Twitter)もこの嘘については言及をしていますわよ。

 

彼女の記事のリンクからこの書籍に飛んでもらえれば分かるんですけど、このキャンペーン12月6日で終わってないですからね。

結果として彼女が嘘をついてることになるんですよ。
 

別に彼女のことは嫌いでもなんでもないし、まだ若いしブロガーとして役に立つ情報発信をしてがんばれば、程度にしか思っていません。

他の記事を読んだわけでもないですし。

が、このツイートとリンク先の記事の内容があまりに酷いなと思ったので言うべきことは言っておこうかなと。
 

自分が購入していない、あるいは理解できていないモノを他人に紹介するな。

引用:アフィリエイトをする者の覚悟と責任

 

 

 

まとめるなら、

自分の利益のために嘘をついて情報商材リスト取りをする

こういう感じかしら。

 

その後あんちゃ氏は先ほどのツイート内容をしれっと削除し証拠隠滅をしました。

※ツイートは消しましたがブログ記事を残してるのよね。これからもまたタイミングみて販促に使うためかしら。

 

 

服部さんはこのインタネットマニフェストのメアド登録後。どんなことが起こるのか詳しく書いてるので是非ご一読していただければ幸いです。

 

change-consul.factdeal.co.jp

 

こうまとめてみると今回出した書籍「遊び狂う人生」は他の人が犠牲になってその上で遊び狂える人生になるのかしら。人を犠牲になんてできないわよ私は。

 

かなり前置きが長くなりましたがこのような情報商材のための販促をする人が書籍を出すことはいいことなのかしら。そんなことをふと思ったので

 

KADOKAWAさんにお問い合わせをしてみたわよ。

 

はじめまして。
角川のファンでもある●●と申します。

このたびはちょっと著者について気になることがありKADOKAWAのスタンスとしてどのような形になるのかを聞きたくメールいたしました。

下記URLの書籍が御社より出版される予定となっておりますが、
https://www.kadokawa.co.jp/product/321706000024/
アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略

著者のあんちゃさんという女性が情報商材を売りつけています。

ダイレクト出版というところから出ている無料で書籍を渡すというものなのですが
実態が高額商材のメールアドレスを取得するいわゆるリスト取りというものをブログなどでやっているのです。

このような情報商材を売りつける行為をする人の本を

大手であり、ブランド力があるKADOKAWAとしてやるべきなのでしょうか。

どのような見解なのか是非お知らせくださいますでしょうか。

あんちゃさんのブログでの記事は下記となります。
https://www.mazimazi-party.com/entry/internet-business-manifest/


ダイレクト出版の情報商材については下記が参考になります。
http://www.hitode-festival.com/entry/2017/03/06/200232

 

 

 

 KADOKAWAから返信がきましたわよ。

 

f:id:mecchanikukyu:20171215054020j:plain

※返答結果は許可貰ってないのでモザイク

 

中を見てみると

 

弊社では書籍の内容以外につきましては、お答えすることができません。

 

 

という回答でしたわよ。

 

 

 

書籍内容以外についてはお答えできないそうです。

出版社としてどこまで介入すべきなのかそれはわからないってことなのかしら。

ただ疑問に対してすぐに返答が来たというのはKADOKAWAの対応は迅速よね。

 

あんちゃ氏みたいな人の書籍を出すというのは出版業界全体の問題に今後なるのかしら。

 

 

 

 

※余談

 

ダイレクト出版のものは基本詐欺でもないので悪いものではありませんが色々な方が不快に思っています。

恐怖広告なんかも有名だわね。

インフルエンサーの永江一石さん(https://twitter.com/isseki3)も色々ブログで警笛を鳴らしていますわよ。是非ご一読いただきたい記事ですわよ。

 

ダイレクト出版は詐欺と言われる → 検証してみた → 素晴らしい → アフィリエイトに誘導

 

 

www.landerblue.co.jp

 

 

 

ももねいろの離婚記事が炎上したけど火消し記事がさらにきな臭いと感じるわよ

肉級です。

 

プロブロガーのももねさんという方がいます。

はてなでも離婚記事がホッテントリーに入り話題になっておりました。

 

離婚する前にデートツイートをしてて不倫じゃないかと叩かれ炎上していたんですが、

 

それの火消しのために離婚の経緯や時系列を出した謝罪記事がでました。

 

momonestyle.com

この真実の記事を要約してみると

 

・事業を拡大したいから離婚

・離婚は元夫が子供達を守るために、決断したこ

・実は2017年1月に離婚してるのに、それ以降の夫婦関連の記事偽ってを書いていた

・ももねさんはアゴの手術があるから子供の親権は父に譲渡した。

・再婚相手との出会いや仕事のこと

・離婚記事で色々と偽ったことにたいする謝罪

 

こんな感じでしたわよ。

 

謝罪記事で真実の記事のはずなのに、私はきな臭いと感じました。

きな臭いのは、

 

・離婚は元夫が子供達を守るために、決断したこ

アゴの手術があるから子供の親権は父に譲渡した。

 

上記です。

 

子供たちを守るために夫が離婚を決断したって…。これは守るって誰から守るの?何から守るの?離婚の時に子供たちが守られる必要ってどんなときなの?母がついてやるのが一番子供たちにいいんじゃないの?って思ったのよね。

 

そして

アゴの手術があるから子供の親権は父に譲渡した。

 

アゴ!!!

意味不明すぎ。

アゴの手術終わるまで預かってもらうでいいじゃないの。定期的に元家族で会う仲ならそのぐらい大丈夫よね。なぜアゴごときの手術で親権を譲渡するのかしら。

 

この2点がおかしいと思ったのは私だけじゃないはず。

 

そしてゆきさんがさらに謝罪記事のおかしいところを指摘していましたわよ。

 

flat9.blog.jp

 

時系列がおかしいと指摘しています。

そこで気になったので私も時系列にまとめてみようと思いました。

 

ももねさんの謝罪記事では離婚の時系列は下記となっていました。

 

2017年初頭:離婚
2017年6月:1人暮らし開始
2017年夏:新しい出会い
2017年秋:再婚

 

今年の1月には離婚してたということだそうよ。

6月に一人暮らしを開始して夏に新しい出会いがあったそう。

それが今の再婚相手のエローラ氏なんですけど、

 

ただ、夏に新しい出会いっていってるんだけどゆきさんのによると

4月にすでにエローラさんが密接な関係を匂わすツイートをしているの。

 

f:id:mecchanikukyu:20171018023503p:plain

2017年4月30日ですわね。

 

さらに

 

momonestyle.com

こちらの記事ではエローラさんと一緒にワードプレスのテーマを作ったそう。

8月1日の記事ですわよ。

この記事の中では、エローラ氏は従順なMの下僕。私女王のいう事を何でも聞いてくれると言っておりますわよ。

打ち合わせを重ねに重ねて、要望をきちんとお聞きしていただきました。思いっきり仕事をした後は、ムチとろうそくでSMプレイで思いっきり遊びまくって..(えっ?

そしてこのテーマを作るのに約2ヶ月半の時を経て作ったそう。

記事の公開が8月1日なので2カ月半というと5月中旬ね。夏に新しい出会いをしているはずなのに、一人暮らしも6月からなのにどういうことなのかしら。

そこでこれが本当のなのかしらという時系列をももねさんの時系列をもとに簡単に作ってみたわよ。※ピンクがモモネさんがブログで真実といっていた時系列。

 

2017年初頭:離婚

2017年4月中旬:エローラさんを縛ってローソクを垂らす

 2017年5月初旬:ヒトデ氏をムチでぺんぺんする

https://twitter.com/momonestyle/status/8586660593430

773762017年5月中旬:エローラさんとモモッシュ制作開始

2017年6月:1人暮らし開始

6月1日:エローラさんへの亀甲縛り

2017年夏(7月~8月):エローラさんとの新しい出会い

7月14日:エローラさんへの亀甲縛り(2回目)

7月16日:子供たちと一緒にお菓子つくったり夏休みのスケジュール作成

 

 

7月24日:自由にデートしたい発言

自由にデートしたい♡ #ダメ主婦

— 橘 桃音 (@momonestyle) 2017年7月24日

https://twitter.com/momonestyle/status/886540947831443456https://twitter.com/momonestyle/status/886540947831443456

 

7月25日:セックスレスの記事。不倫映画をみて、その後元夫を襲ったという伝説の記事(エローラさんとお付き合い中の記事)

momonestyle.com

長く仲良し夫婦でいるために、深いつながりも持っていたいと発言。

 

そんな上記の過激な記事に反応が薄いため

 

 

8月1日:エローラさんとの共同ワードプレステーマ「モモッシュ」完成

8月22日:離婚ブログ記事投入&炎上

 

 

9月未明:エローラさんがツイートにて再婚宣言

 

2017年秋:再婚

 

 

10月17日:離婚の時系列や具体的な説明記事投入

 

 

 

 

以上。

 

時系列をツイッターと真実文章を使ってまとめてみたんだけど・・

みたらわかるけど・・・

 

緊縛しすぎなのよ!!

 

そして

 

出会いの時期でまた嘘ついたのよ!

 

嘘をつく理由は何か裏にあるからなのかしら。

 

殿方様姫君様ご査収ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はあちゅうが、聖徳太子超えしたことについてお話ししたい

新しいウェブサービス「タイムバンク」というものが始まりましたわね。

 

コンセプトを見てみると

 

タイムバンクは「時間」の取引所です。10秒単位で時間をリアルタイムに売買できる仕組みを通じて経済と時間の再発明を目指します。

 

といいうことで簡単にいうと

あなたの時間を売って儲けましょうという考えなのよね。

 

時間を買う
興味のある専門家が発行(販売)する時間を購入できます。


時間を使う
買った時間は条件を満たすとリワードとして活用できます。


時間を売る
買ったけど使わない時間は欲しい人に売ることができます。

 

引用:http://hagex.hatenadiary.jp/entry/2017/09/12/075132

 

そもそも仕事が、時間を売って何かを作ったり相談に乗ったりという事なので、この概念自体が目新しいとは全く思わないんですが、なぜか画期的といわれているのよ。

冷静に考えたら、普段私たちやってることじゃないって気づくんですけど気づかない思考停止厨が多いのよね。

 

 

そんな時間を売り買いできるタイムバンクですが早速炎上しておりますわね。

何が凄いのていうと

はあちゅうさんと経沢さんが高額チャットレディ化しておりますわよ。

 

はあちゅう氏の1秒の金額は55.6円

20分で6万円だそうです。

内容は「恋愛相談」「キャリア相談」「セルフブランディング

だそうです。1時間だと約20万円。

しかも、対面なしのビデオチャットのみ!

 

 

f:id:mecchanikukyu:20170912145032p:plain

 

 

会わないから安心ですわね。

これをチャットレディ以外でどんな表現があるのかしら。

 

そして、なによりおかしいと思うのが、20分で色々な問題を解決できるのでしょうか。

タイムバンクでは事前に問題提起をしておいてスムーズにお話しができることと書いています。

 

f:id:mecchanikukyu:20170912144228j:plain

 

たとえそれでも一回20分6万円で相談して物事が解決できるなんてほぼありえないのよね。もしそんなので解決できるなら6万円もかける価値があるのかどうか!?コンサルタントなんて必要なくなるし、企画戦略なんかも全く必要なくなるわよね。

 

 

経沢さんに限ってはもっと高い1秒72.3円

この方経営者なんで色々打ち合わせしてると思うけど打ち合わせ相手にもそのぐらいのお金取ってるのかしらね…。

 

そんなことを踏まえて現状でタイムバンクのサービスを一言でいうならは

進化系高額チャットレディ

としか言えないわよね。

 

またすごいのが

f:id:mecchanikukyu:20170912145933j:plain

 

 

一度に50名まで同席できるそう。

20分で50名の相談をさばくなんて無理だと思うわよ。

 

聖徳太子でも一度に質問を受けるのは10人。

https://1.bp.blogspot.com/-FX-BPPmLkqs/V6frvScKr8I/AAAAAAAAGR8/b0PAp9SYCTEwfofMPyZaUoQNT1Q8QbbzgCLcB/s1600/%25E8%2581%2596%25E5%25BE%25B3%25EF%25BC%2594.jpg

http://ereki-westjapannavi.blogspot.jp/2016/08/blog-post_58.html

 

はあちゅうは、50人だから聖徳太子の5倍ってことよね。

f:id:mecchanikukyu:20170912150428j:plain

https://youtu.be/BCv-q7EmzCk

聖徳太子を超えてるのかどうか・・・6万円を払えばそれを確かめることができるわよ!

 

 

最後に、

 

VALUで「お金儲けれますよ!」で釣りに釣ったアーリアダプターのプロブロガー達を今回はサービスの審査に通してないようなの。

 

イケダハヤトがつぶやいておりますが

 

 

これは本当にタイムバンクとしては成功よね。

こやつが、「お金儲けれますよ!」で炎上させたVALUはもう潰れそう。

そういう面でプロブロガーという大群のイナゴが畑を食い散らかすのだけは避けられた気がするわよ。

 

これからウェブサービスのローンチを考えてる人は、絶対にこのプロブロガー界隈のイナゴたちを群がらせたら失敗するわよ。ぜひ覚えておきましょう(^◇^)

 

最後に、

タイムバンクは現状だと「進化系高額チャットレディ」だけどそれを超える真新しいサービスとして進化するのかしら。

みのもですわね。

 

しかし…時間の売り買いってすでにやってることなので全く新しくないんだけど…。

 

 

ブログやツイッターでおかしいと思ったことは批判しなさい!

肉級です。

 

私は、自分の正義に反することにたいしては否定的な意見も言うようにしています。

ただ、ある程度のリテラシーもつけなきゃただの「クソリプ」になってしまうと思うので、極力気を付けたりはしているんですが…。

 

最近多いのが

 

全て批判するな厨

 

俺の意見に批判するな厨が多いことにびっくりしちゃってますわよ。

言論弾圧厨と呼んでもいいかもしれませんわね。

 

ブログやSNSツイッターは一つのメディア

 

インターネットがなかった時代はテレビラジオ新聞がメディアでした。

 

テレビ・ラジオで芸能人の離婚や不倫、ゴシップ、事件など報道してましたわね。

そんなテレビラジオ新聞に対して

「この不倫はだめね」

「この芸能人カップルはいいわね」

「この事件本気でありえない」

と賛否を言ってました。

 

しかしそのメディアが個人でも発信できるようになったのが、ネットでありSNSでありブログです。

 

個人がメディア化したんですわよ!

 

そんな個人メディア化。誰しもの発言が一つの意見となり、拡散されたり、賛否を集めたりしてます。

これはプライベートな発言だから!といったって、みんなが見てみんなが反応するんだから、プライベート発言でもオオヤケでの発言になるというのは、受け入れなければならない事実です。

 

そんな事実があるにも関わらず、

個人の意見に対して批判することはだめだ。

と批判するな厨は言うのよね。

 

言論弾圧と変わらないわよ。

 

 

いやなら見るな!は大間違い

 

 

https://twitter.com/tarareba722/status/900554843185532929

 

賛否が起こる意見というのは、そもそも「嫌」という感覚がないんです。

興味があるから見ます。

そしてそれに対して賛否を起こす。

 

それなのに、批判するな厨は、

「いやなら見るな!!!!」

「貴様に批判される覚えはない!」

「賛同してるひとだけ呟け!」

など言ってくるんですわよ。

 

「批判されるのが嫌なら鍵かけるかツイッター退会すれば」って、何度考えてもめちゃくちゃなこと言ってるよなぁ。「殴られるのが嫌なら学校辞めるか転校すれば」と同じ。

 

上記は、個人がメディア化したという前提を入れてないのでナンセンスすぎなのよ。

 

だから

「否定意見が嫌なら個人メディアを辞めるかマストドンしましょう!」ってお話しなの。

 

賛同意見だけ言ってくれる人なんてあなたの周りには沢山いるわよ。

そんな人達で固めてしまえば賛成意見で溢れたマストドンになるのよ。

あなたの望んでたSNSになるのよ。

 

 

今回のブロガーももねさんの離婚記事問題はすさまじい賛否問題を起こしました。ほぼ否定意見ですけど。

橘桃音は離婚しました。私達夫婦が離婚した理由と離婚後の人生で最も大切にしていきたいこと | ももねいろ

 

離婚前から他の男とデートのつぶやきをしていたり、私はエロ女発言をしていたりと、

ゲスっぷりで不快になる要素が満載でしたわね。

だから否定的な意見を起きるのは予想できていたこと。

また旦那の離婚に対する意見書までブログに掲載していて、

 

私が思ったことは

 

「なぜこんな炎上するような離婚記事をアップするの?」

 

途中から元旦那さんもツイッターで参入してきましたが、真相を聞いても答えていただけませんでしたわよ。

私は親が離婚してるので断固こんな離婚記事上げてて

もし私が子供だったらどのくらい傷ついただろうかと思って断固否定的な意見になりましたが…。

 

否定する方は「嫌い」じゃないんです。

興味があってみるから賛否が生まれるんですわよ。

 

個人メディア化したブログやSNSで否定的意見が嫌ならメディアを発信する側もそれなりの努力や説明責任はあるんだけどそれもしなかったのはより一層原因になるんじゃないかしら。

 

批判するな厨や被害者意識が強い厨は自分が言論弾圧をしようとしてるのに気づいていないのよ。

 

言論弾圧厨になってるのはお分かりいただけるかしら。

 

価値感が違う人達を受け入れながら批判する

 

 

 

意見が対立しても価値感が対立しても、公平に次に繋がれる人って本当に人格者だとおもうわよ。

私の周りにはそんな人が多い気がしますわよ。

 

 

 

 

 

 

【YOUTUBERヒカル】今後、VALUで起こりうる最悪な問題

こんにちは。

肉級です。

 

「VALU」

個人の価値を金額にして、株取引で儲けれるような仕組みですわよ。

 

 

YOUTUBERのヒカルさんが問題を起こし、それに対するアンチたちが、ヒカルさんの兄弟や電話番号、メアドや家族などの個人情報も特定し、さらに、isis(イスラム国)への加入メールやコーランを燃やすなど行っている模様。

 

アンチの復讐は酷いを通り越していますわね。度が過ぎてさっさと特定されておしまい!と思っています。

 

横浜の頭の悪そうな輩は、住所が判明して横浜から兵庫までヒカルさんの実家を特定にしにいきました。

生粋のバカですわね。即逮捕していただきたい気分ですわよ。

アカウントもバンしていいと思いますわよ。

 

こういうことが起きるのはあらかじめ予想できていたわけであって、そもそも論、運営が悪いのは至極当然ですわよ。

 

この問題になることは最初からわかっていたのに対応しなかったVALU運営は何らかの責任を負わないといけません。

 

そしてVALUがスタートした当時から、「お金儲けられる!」と煽って自分の株を釣り上げていたイケダハヤト氏には何らかのペナを与えないといけませんわよ。

これのイケダハヤトがやったことについては隊長が言及しております。

 

news.yahoo.co.jp

f:id:mecchanikukyu:20170821100621j:plain

 

ちなみに上記ではイケダハヤトが株価つり上げについて、あたかも

「注意喚起です!他人がこんなことをやってます!」的な感じで言っておりますが、

実際にインサイダー的な釣り上げをやったのはこの方張本人。

いうならVALUのインサイダーの温床になるようなきっかけを作ったのはこのイケダハヤト氏ですわよ。この他人事発言に対しては言語道断ですわよね。

VALU運営はこれをほおっておいていいのかしら。

絶対にだめよ。

 

そして先日気になった記事

 

tyoshiki.hatenadiary.com

 私たち一般人はVALUを知識なくやるんだったらマイナスを覚悟して投資をしなければいけないんです。だから知識や株取引に詳しくもない人は絶対にやるべきではないんですね。しかし、それでも儲けのことしか考えないプロブロガー界隈は、新しいことをやらない人はダサいと煽ってきます。

そういう煽りには耐性をつけておかなければいけないのと自分でちゃんと考えられるようにならないといけませんわよ。

 

そして何かおかしい!!と思うことに対しては「NO!」とはっきりといえるようにならないといけませんわよ。

 

 

今後起こりうる問題

 

そんなメリットがないVALUなんですが、

使い方によっては、色々な問題が起きそうなのでまとめてみました。

 

■VALUに上場してお金を得たい方の問題

個人住所をネットにさらされる。

今回のヒカル氏のように、ちょっとでも株主(VALU主)に損をさせた場合、

特に自分が寄付したお金のリターンが全くない場合や投資家の意図に反する行為をした場合は、個人住所がまずさらされます。

あなたが投稿した画像や言葉から即特定されることは肝に銘じたほうがいいですわよ。

 

家族のプライバシーが公開される。

上記でばれたら続いては家族。今度は家族に被害が及びます。家族の名前はもちろん、会社名などなど。そしてアホがどんどん寄ってきて迷惑電話をしてきたりなどの問題が起きます。

 

拉致・誘拐される。

時価総額が高い人に限っては、家族や自分の危険に身が迫りますわね。

個人=お金となってるので、危険度はかなり高いわよ。自分にお金という価値がついてるんだから、拉致や誘拐に発展する可能性もありますわよ。

意図的に時価総額を悪い人たちに上げられて、誘拐されてさっさと売れと脅される。

そんなことも容易になりますわね。

 

 

■VALUで投資したいと思っている方

素人でも株価操作ができる

イケダハヤトがやっていたような「儲けれますよ!」と謳って自分の株を買わせて釣り上げお金をつりあげ、一気に売って特定の人達だけが儲けれる。他の人たちは儲け話にだまされ搾取されますわよ。

 

 

投資する側の保護が全くない

投資する側にとって「インサイダー取引がだめ!」

みたいなものや消費者を保護するような法律もないです。(金融商品取引法が適用されないのがVALU

なので上記のように意図的に株価つり上げで売り抜けれて損しても何にも言えません。

投資したあなたが悪いということなんですわよ。

 

 

 会社だからできたことを個人にするとリスクが増える。

 

会社だと誘拐なんてない。

総会屋みたいなのもいますが、総会屋ですぐさま個人の命の危険には発展しません。

及びません。(※誘拐などもたまにありますけど・・・)

 

それは法人だったからで、会社という実態があるけど体がないようなものだったからなんですわよ。

しかし、個人にお金の価値がつくということは、実態があり体があるような状態。

本気で自分の体を売るというのは、ある意味奴隷みたいな感じなのでしょうか。

 

本当にお金の奴隷(お金>人間)になるといっても過言ではないかもしれませんわね。

そしてその奴隷に価値を付けて商売するのが奴隷商人のVALU運営なのね。

 

命や身体の危険が普通のビジネスよりも数倍高いというのは肝に銘じておいた方が絶対にいいですわよ。

 

最悪な問題は、命や体、家族が危険な目晒されることにになる!

ということですわよ。