【YOUTUBERヒカル】今後、VALUで起こりうる最悪な問題

こんにちは。

肉級です。

 

「VALU」

個人の価値を金額にして、株取引で儲けれるような仕組みですわよ。

 

 

YOUTUBERのヒカルさんが問題を起こし、それに対するアンチたちが、ヒカルさんの兄弟や電話番号、メアドや家族などの個人情報も特定し、さらに、isis(イスラム国)への加入メールやコーランを燃やすなど行っている模様。

 

アンチの復讐は酷いを通り越していますわね。度が過ぎてさっさと特定されておしまい!と思っています。

 

横浜の頭の悪そうな輩は、住所が判明して横浜から兵庫までヒカルさんの実家を特定にしにいきました。

生粋のバカですわね。即逮捕していただきたい気分ですわよ。

アカウントもバンしていいと思いますわよ。

 

こういうことが起きるのはあらかじめ予想できていたわけであって、そもそも論、運営が悪いのは至極当然ですわよ。

 

この問題になることは最初からわかっていたのに対応しなかったVALU運営は何らかの責任を負わないといけません。

 

そしてVALUがスタートした当時から、「お金儲けられる!」と煽って自分の株を釣り上げていたイケダハヤト氏には何らかのペナを与えないといけませんわよ。

これのイケダハヤトがやったことについては隊長が言及しております。

 

news.yahoo.co.jp

f:id:mecchanikukyu:20170821100621j:plain

 

ちなみに上記ではイケダハヤトが株価つり上げについて、あたかも

「注意喚起です!他人がこんなことをやってます!」的な感じで言っておりますが、

実際にインサイダー的な釣り上げをやったのはこの方張本人。

いうならVALUのインサイダーの温床になるようなきっかけを作ったのはこのイケダハヤト氏ですわよ。この他人事発言に対しては言語道断ですわよね。

VALU運営はこれをほおっておいていいのかしら。

絶対にだめよ。

 

そして先日気になった記事

 

tyoshiki.hatenadiary.com

 私たち一般人はVALUを知識なくやるんだったらマイナスを覚悟して投資をしなければいけないんです。だから知識や株取引に詳しくもない人は絶対にやるべきではないんですね。しかし、それでも儲けのことしか考えないプロブロガー界隈は、新しいことをやらない人はダサいと煽ってきます。

そういう煽りには耐性をつけておかなければいけないのと自分でちゃんと考えられるようにならないといけませんわよ。

 

そして何かおかしい!!と思うことに対しては「NO!」とはっきりといえるようにならないといけませんわよ。

 

 

今後起こりうる問題

 

そんなメリットがないVALUなんですが、

使い方によっては、色々な問題が起きそうなのでまとめてみました。

 

■VALUに上場してお金を得たい方の問題

個人住所をネットにさらされる。

今回のヒカル氏のように、ちょっとでも株主(VALU主)に損をさせた場合、

特に自分が寄付したお金のリターンが全くない場合や投資家の意図に反する行為をした場合は、個人住所がまずさらされます。

あなたが投稿した画像や言葉から即特定されることは肝に銘じたほうがいいですわよ。

 

家族のプライバシーが公開される。

上記でばれたら続いては家族。今度は家族に被害が及びます。家族の名前はもちろん、会社名などなど。そしてアホがどんどん寄ってきて迷惑電話をしてきたりなどの問題が起きます。

 

拉致・誘拐される。

時価総額が高い人に限っては、家族や自分の危険に身が迫りますわね。

個人=お金となってるので、危険度はかなり高いわよ。自分にお金という価値がついてるんだから、拉致や誘拐に発展する可能性もありますわよ。

意図的に時価総額を悪い人たちに上げられて、誘拐されてさっさと売れと脅される。

そんなことも容易になりますわね。

 

 

■VALUで投資したいと思っている方

素人でも株価操作ができる

イケダハヤトがやっていたような「儲けれますよ!」と謳って自分の株を買わせて釣り上げお金をつりあげ、一気に売って特定の人達だけが儲けれる。他の人たちは儲け話にだまされ搾取されますわよ。

 

 

投資する側の保護が全くない

投資する側にとって「インサイダー取引がだめ!」

みたいなものや消費者を保護するような法律もないです。(金融商品取引法が適用されないのがVALU

なので上記のように意図的に株価つり上げで売り抜けれて損しても何にも言えません。

投資したあなたが悪いということなんですわよ。

 

 

 会社だからできたことを個人にするとリスクが増える。

 

会社だと誘拐なんてない。

総会屋みたいなのもいますが、総会屋ですぐさま個人の命の危険には発展しません。

及びません。(※誘拐などもたまにありますけど・・・)

 

それは法人だったからで、会社という実態があるけど体がないようなものだったからなんですわよ。

しかし、個人にお金の価値がつくということは、実態があり体があるような状態。

本気で自分の体を売るというのは、ある意味奴隷みたいな感じなのでしょうか。

 

本当にお金の奴隷(お金>人間)になるといっても過言ではないかもしれませんわね。

そしてその奴隷に価値を付けて商売するのが奴隷商人のVALU運営なのね。

 

命や身体の危険が普通のビジネスよりも数倍高いというのは肝に銘じておいた方が絶対にいいですわよ。

 

最悪な問題は、命や体、家族が危険な目晒されることにになる!

ということですわよ。